生理が重い子へ 〜私が手術した話

0
     ※20代前半のコスプレイヤーが子宮内膜症性卵巣のう胞(別名チョコレートのう腫)で手術した時の体験記だよ(´∀`∩)

    ※リンクはWikipediaやallaboutなどの参考ページにとぶよ。

    ※お医者さんに聞いた話をゆるく思い出しながら書いたので、もし間違いがあったらごめんなさいです。


    Written by 青山モカ 

     
    ●はじまり

    私は高校生の時から生理がかなり重くて、2日目は授業も受けられないほどでした。
    症状は主に尋常じゃない下腹部痛(臓器を握りつぶされたり爪で抉られてる感じ)。

    でも生理が辛くて寝てるって当時じゃ"甘え"とか"ゆとり"とか言われて恥ずかしいことでした。
    今でこそテレビ番組の特集で取り上げられたりして子宮内膜症月経困難症MS(生理前症候群)の認知度は上がったけど、その頃はそんなの知らなかったから生理で泣くほど痛がる自分は我慢が足りないんだってずっと思ってました。
    生理が重いのって、我慢が足りないんじゃなくて病気の可能性が高いのに。


    ●そして病院へ
    それから我慢を続けて何年か経った、今から2年くらい前。
    テレビで月経困難症の特集を見た私はとある小さいレディースクリニックに行ってみました。
    診断は、卵巣に小さいのう胞が出来てるけど水ののう胞だからそんなに重い病気じゃないとの事。
    そのうちもっと小さくなって無くなるはずだから大丈夫だって。
    とりあえず安心して、痛み止めだけもらってしのぎました(ノД`)
    その後も痛みは引かなくて、漢方とか温めるのとか骨盤マッサージとか豆乳とか、ネットで拾える限りの生理対策はしました。
    …でもこれって、生理痛を病気だと認めていないからすることなんだよね。


    ●救急車に乗る

    前回病院に行ってから約1年後のある朝。会社に行く用意をしていたらあまりに下腹部が痛くて倒れました。
    腹をめった刺しにされている感じ!された事ないけど(´π`)
    それで救急車で大きい都立病院に運ばれたら、子宮内膜症性卵巣のう胞が2つ出来ていて
    手術が必要とのこと。その時はのう胞から出血していたそうです。
    レディースクリニックでは誤診されてたのかなー?とか1年で育っちゃったのかなとか思うところはたくさんあったけど、とりあえず病名がわかって良かった。

    手術までディナゲストっていう黄体ホルモンの薬を飲むことになりました。これでちょっとのう胞の状態を良くしてから手術するそう。
    このディナゲストで生理を止めて、いわゆる更年期の状態にするんだって。


    ●闘病生活というやつ
    で、このディナゲストって薬の副作用が超辛かった。
    更年期を一足先に体験してる状態で、ホットフラッシュ(いきなり暑くなる)とか意味無く落ち込んだりイライラしたりとか。
    今思うと手術の不安もあっったのかな、ずっと精神的に落ち着かなかったです。

    副作用以外にも、救急車で運ばれて以来度々発作みたいな強い痛みがくるようになりました。
    お腹めった刺しまではいかないけど、下腹部の内側をちょっとずつナイフで削がれるみたいな。
    どっちにしろ激痛!お医者さんは盲腸くらいの痛みだろうって言ってた。
    このせいで仕事も月に2〜3度休まざるをえない状況になっちゃって、職場には迷惑かけました。
    激痛じゃない時も常に痛くて、下腹部の臓器を鷲づかみにされてる感覚でした。
    何しろずっと痛いから、朝昼晩痛み止めを飲んで騙し騙し生活してた。
    食欲も減っちゃったし、痛みの発作がきた時は毎回吐きまくるから結構体重が減りました。
    この頃は平均40〜42kgくらい。デブやつれちゃったよ(´・ω・`)


    ●手術

    それから半年くらいかな?手術の日程が決まりました。
    手術の方法は"腹腔鏡"っていって、おへそからカメラを入れて他にお腹へ穴3つあけてする、なるべく負担の少ない手術。
    でももし状態が悪ければ途中で開腹手術に切り替えるかも、って事でした。
    まぁ大丈夫っしょ〜まさかそんな事にはならないっしょ〜って笑う私。これ、フラグ。
    手術前日はお昼から絶食で、下剤飲まされたり点滴されたりおへその掃除をされたりしました。
    夜病院のベッドで「俺にはダチがいた…」(イヴァン)って呟いてみたのは内緒だよ。

    12月17日の15時。いよいよ手術室へ呼ばれました。
    点滴をカラカラと引きずりながら自分で歩いて手術室まで行きました。
    手術室では名前の確認や手術を担当するメンバーの紹介をされました。明るい雰囲気で安心。
    腹腔鏡は術後もほとんど痛くないらしいし、手術前だってのに私はのん気なものでした。
    手術台の上に寝ると上から眩しいライトに照らされてドラマみたいだな〜と何となく思いました。
    マスクをつけられて、麻酔入れますよ〜と言われた瞬間に気を失うおやすみ三秒の私。
    この後身に降りかかる不幸を知らないので、実に安らかな寝顔だったと思う。


    ●術後
    腹部の焼けるような痛みで目覚める。手術室で手術台から動くベッド(ストレッチャー?)へ移されているところでした。
    ハンパない。痛いどころじゃない。何が起きたんだ!?

    お医者さん「内膜症の癒着(子宮内膜が子宮以外の場所にできて臓器同士が癒着してた)がひどくてかなり出血したから、結局お腹切っちゃったよ〜」

    そりゃ痛いはずだよ!
    …とも言えないほどの痛みで、人間を信用していない野良犬のような声をあげて痛みに呻く。
    2時間半くらいの手術のはずだったのが延びて、5時間だか6時間だかやってたみたい。
    親いわく、血がめちゃくちゃ出たせいで死人のように青白い顔をしていたらしい(´・ω:;.:...

    手術後痛み止めにモルヒネを入れられ(遠い意識の向こうでドラマダを思い出した)たんだけど、体に合わずに吐きまくる。でも入れないと痛くて吐く。
    痛みに気を失って、痛みで目覚めて、また痛みに気を失う、の繰り返し。
    ここから2日間くらい痛みで何もできなかった。ちなみに尿管入れっぱなしな…^///^
    確か3日目か4日目からノロノロ歩けるようになってシャワーも浴びた。
    ご飯がまともに食べれるようになったのは3日目で、人と話せるようになったのも3日目から。


    ●退院
    1週間入院して、12月24日クリスマスイヴのお昼ごろ退院。
    退院って言ってもまだ手術した場所は激痛で、人に支えてもらいながらやっと歩く感じ。
    しばらくの間、1日中ゴロゴロしてゲームして漫画読んでお粥食べて寝るクズ生活

    それからお正月休みを挟んで1月4日から社会復帰しました。満員電車辛かったなー。
    妊婦中バッジだけじゃなくて、手術後の人間にもバッジ欲しいね。
    「手術後なので座らせて下さい。やさしくして下さい。エルボーしないで!」みたいな。
    結局壁や手すりに頼らず歩けるようになったのは手術から一ヶ月経ったくらい。フラフラよぼよぼだけど。

    コス復帰は1月13日でした。実はポーズとるたび激痛だったのでお勧めしない。


    ●今
    手術から半年が経ちました。
    子宮内膜症は手術すれば完全に治る病気じゃなくて、生理のたびにまた悪化して再手術になる恐れが大いにある病気なので、今もずっと内膜症治療のピルを飲んでいます。
    傷跡は、赤いサインペンで下腹部に10cm線を引いた感じ。プクッとしてる。
    傷周辺は表面を触るとあんまり感覚が無くて、ノイズちゃん状態。
    下腹部を押したりするとまだちょっと痛いけど、腹筋もできるしプールでも泳げるよ。
    術前は生理の度に痛くて起き上がれなかったのに、今は生理でも平気でお仕事しています。
    ちょっとは痛いけどね( ;∀;)


    ●何が言いたいかっていうと
    (女性へ)
    ・生理痛が重いなら我慢しないではよ病院行け!大きいとこな!
    ・我慢してる間に悪化しちゃうよ。初期なら投薬治療で済むから痛い手術はしないで済むよ。
    ・職場や家族や彼氏の理解が無くても傷ついちゃダメ。男性に生理はわからない。しょうがないの。
    (男性へ)
    ・生理って人によってはスゲーーー痛いので、甘えだとは思わないでね。
    ・生理でイライラしたりするのはしょうがないこと。触らぬ神にたたりなし。
     もしパートナーが生理でイライラしてたら何も言わずに家事を手伝ってあげて。
    ・女性の病気は色々複雑なので、下手なこと言っちゃダメ。子供産めない人もいるのよ。


    読んでくれた人がいるかどうかわからないけど、もしいたら読んでくれてありがとうございました。

    子宮内膜症の子が早く病院へ行って病気に気づきますように!
    生理痛やPMSに対する理解が広まりますように!


    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    categories